照明の制御、エレベータの運行管理、空調の温度設定、電力のデマンド管理…。
近代化した大型施設では、これらはすべて中央監視室で一括管理されています。
効率とコストの削減を実現したこのコンピュータシステムは、
しかし、そのまま施設全体の弱点にもなり得るもの。
アイビックスでは、もしもなんらかの原因により
故障や停電などの非常事態が起きたとき、専門知識とノウハウを持つ有資格者が迅速に対応。
トラブルを防ぐメンテナンスと、トラブルに迅速に対応するシステムで
情報化社会を頼もしくバックアップします。
 
常駐管理 保守点検
ショッピングセンターや大型ビルなどには、有資格者の常駐管理が必要です。当社では、保安管理者として電気主任技術者・ボイラー技師・危険物取扱者・電気工事士・冷凍機器取扱責任者など、対象となる建物に必要な有資格者を常駐管理者として配置。
  専門技術者が常駐していない小規模テナントビル・マンションなどの場合は、月2回程度の契約で定期メンテナンスを行っています。空調・電気・照明・エレベーター・ボイラー・給排水から防災設備など各種設備の保守点検やメーター検針による運行管理を行い、お客様の安心と安全を維持します。
  ビルの集中監視室で、照明やエレベーター・エスカレータなどの電気設備、受変電設備、および空調・給排水機械設備などトータルに管理しています。
遠隔監視制御
    アイビックスセンターでビル設備のあらゆる情報を遠隔監視・制御・計測することで、お客様の管理業務における省力化とコストダウンに貢献します。24時間稼働のビルや無人化された建物に故障や異常が生じた場合、制御システムが自動的にセンターに通報。専門技術者が現場に急行し、緊急対応します。